IT業界の業界用語

他の業種、業界でもそうだと思いますが、IT業界にも専門用語がたくさんあります。
その業界用語は業界外の人には通じない言葉があります。IT業界に長くいると日常生活でもぽろっと出て、周りの頭上にはてなマークを浮かべせてしまうことも。

たとえば、ファイルを「落とす」、「デフォルト」、「OS」、「解凍」、「アップデート」などです。業界の人にとっては当たり前すぎて知らない人がいるなんて思いもつかないような言葉ではあると思いますが、一般人、特にパソコンが苦手、というような人にとってはわからなかったり、ピンとこなかったりするものです。カスタマーサポートセンターで働いているサポートエンジニアなんかは、ユーザーが一般人のことが多いので、説明する時にこういった業界用語は持ち出さないほうがいいでしょう。
もし出すのであれば、その言葉の意味を噛み砕いて説明出来ることが必須スキルです。

しかし、中には本当に何も分からないユーザーもいるようで、検索サイトのYahoo!を「ヤホー」と読んでいたり、Googleも読めない人がいたり、ブログは芸能人がするものと思っていたり・・・。IT技術が私たちの身近なものになったのもここ数年の話なので、特に高齢の方にとっては理解し難いものなのかもしれません。

これから先さらにIT技術が発展し私たちの生活に身近で欠かせないものになったときには、少しは業界用語も通じるようになるのかもしれません。

また、IT業界における就職は、いまや企業HPや転職サイトでの募集が多くなっている実情がうかがえます。ハローワークや求人雑誌にITエンジニアを掲載している企業数は一昔と比べ劇的に減少していると言えるでしょう。

特にITは全国どこにいても通じるネットワークなので、北は北海道、南は沖縄と一つのネットワークで仕事探しをすることもできるのです。以前は就職活動に多額の交通費を使っていたとは今は信じられないでしょう。

例えば、沖縄のエンジニアが仕事量が少ないために、東京の求人を見て応募することが画面ごしに簡単にできる時代なのです。例えば、東京求人事情はこちらをご覧下さい。この情報を見るだけで、遠く離れた場所からでも就職活動ができるというわけです。

自分の働く場所を求人内容を見ながら探していけるなんてとても便利ですね。

No Comments Yet

コメントを残す

Email not published ( * Required )